英語の使い方

  1. involve

    involveの意味と使い方

    involveは「巻き込む」の意味で覚えている方も多いと思いますが、実際にネイティブスピーカーに意味を確認すると「関わっている、関与している」の意味だと教えてく…

  2. deliver

    deliverの意味と使い方

    deliver(デリバー)も意味が多くある動詞で、一般的には「配達する」として知られますが、同じぐらい「出産する」の意味でも登場します。この意味を知らな…

  3. introduce

    introduce(紹介・導入)の使い方

    introduceは「紹介する」の意味でよく知られていますが、ニュースでは新しい仕組みやルール、法律などを「導入する」としてよく登場します。日本語の感覚…

  4. parlor(パーラー)

    英語でパーラー(parlor)の意味は?

    アメリカ英語ではparlor、イギリスではparlourと書かれ、カタカナでも「フルーツパーラー」や「マッサージパーラー」のような言葉は聞かないわけではありませ…

  5. リクエスト

    require / request / inquireの違い

    それぞれ何かを求めること、要求する、必要とするの類似表現になりますが、使い方や意味、ニュアンスなどが少し異なります。ネイティブスピーカーに書いてもらった…

  6. meant

    meant toの意味と使い方

    meantはmeanの過去形と過去分詞です。このmean(意味する、意図する)の過去形である「~を意味していた、~をする意図だった」を広く解釈すれば、meant…

  7. wording

    ワーディング(wording)の意味を考える

    wordは「言葉」の意味で名詞として多く使われますが、wordやwordingといった形で動詞で使われるケースがいくつかあります。その場合は表現や言い回…

  8. big-deals

    big deal / great dealの意味と使い方

    dealそのものは名詞で「取引・契約」といった意味ですが、big dealやgreat deal ofのような形でちょっと変わった意味で使われます。今回…

  9. face-to-face

    「面と向かって / 直接会って / 対面で」を表すface-to-face

    face-to-face という表現もありこちらは、「面と向かって、直で会って、対面で」などさまざまな状況に使えます。電話やネットといったメディアを挟まないこと…

  10. stab

    「刺す」のstab / sting / bite の違い

    stab / sting / biteはすべて「刺す」を意味しますが、違いを見ていきます。大きな違いは指す側が人間か虫や動物かといった違いがあります。…

おすすめ記事

  1. manager
  2. rich / wealthy
  3. 支持する
  4. 仕事
  5. present

最近の記事

  1. across(アクロス)
  2. tend to
  3. enact
  4. managed-to
  5. regard
  1. デスノート

    和製英語

    Death Note(デスノート)は和製英語か?
  2. smell

    英単語の意味と使い方

    smellとsniffの違い
  3. ピエロ

    世界とアジア

    ピエロ(pierrot)はフランス語。英語ではなんて言う?
  4. ban

    英単語の意味と使い方

    禁止するのban, kick out, ejectの違い
  5. dedicated

    英単語の意味と使い方

    dedicateの意味と使い方について
PAGE TOP