英語の使い方

  1. through

    through(スルー)の使い方、throughoutとの違い

    カタカナでもなじみのある「through(スルー)」は品詞としては動詞ではないので、カタカナの「話がスルーされた」のように使うことができません。何かトン…

  2. workout

    work outの意味と使い方

    work + outはシンプルな言葉の組み合わせなので非常に意味も幅広いです。いくつか代表的な意味や使い方をピックアップしました。日常ではジムで行う軽い…

  3. close

    close(閉じる、親しい)とclosed(閉店)の違いについて

    closeという単語が少しややこしい点は大きく「閉める」という動作と、看板などに出す「閉店している」という状態、また「近い、親しい」といった状態が似た単語で表せ…

  4. restict

    restrict to, restrictionの使い方(例文付き)

    restrictは「制限する」の意味ですがbe restricted toで「~に制限されている」といった使い方が多いです。このbe restricte…

  5. 便器

    和式便器の英語名は? 便器を英語でどう表現するか? 

    北米の英語でtoiletといえば「便器」を指すことになります。したがって「toiletはどこですか?」と質問をすると意味はわかるものの「便器はどこですか?」と尋…

  6. value

    value(バリュー)の動詞・名詞での使い方

    value(バリュー)もカタカナとして定着していますが、あらためていくつかの使い方を見ていきます。カタカナでは「価値」のような意味で使われていますが英語でも同じ…

  7. mansplaining(マンスプレイニング)

    mansplaining(マンスプレイニング)の意味と使い方

    mansplaining(マンスプレイニング)は近年になって登場した新語の部類で辞書に掲載がない場合があります。man + explainによる造語でた…

  8. indeed

    英語の「indeed」の意味と使い方

    indeedは品詞としては「副詞」にあたり、何かを強調する目的で「実に、本当に、確かに、いかにも」のように使われます。結局のところ、強調しているだけであってなく…

  9. respective

    respectively / respectiveの使い方、eachとの違い

    respectの派生語は種類が多くてややこしいですが今回は副詞のrespectivelyと、形容詞のrespectiveの使い方について取り上げてみます。…

  10. AR

    augmented reality / AR(拡張現実)の意味を英語で考える

    ニュースにたびたびaugmented reality / ARの話題が登場しています。Augmented RealityまたはARとは「拡張現実」の略で…

おすすめ記事

  1. mimic
  2. manager
  3. rich / wealthy
  4. 支持する
  5. 仕事

最近の記事

  1. retouch
  2. video-game
  3. best-seller
  4. medicine
  5. fly
  1. トランプ

    和製英語とカタカナ英語

    和製英語の検証「トランプ(trump)」
  2. 炎上

    スラング

    ブログやツイッターのネット炎上は英語でどういうか?
  3. 英語の先生

    文化と体験

    英会話スクールの講師になる方法
  4. 肥満大国

    アメリカ

    アメリカが肥満大国になる理由
  5. ミッションインポッシブル

    文化と体験

    「should you choose to accept it」とifの省略
PAGE TOP