和製英語

  1. センテンススプリング

    sentence spring(センテンス・スプリング)は英語としてどうか?

    どうか? といわれても、たぶんどうもないと思いますが、掘り下げて英語として真面目に考えてみます。このまま単独でネイティブに確認してみたところ「意味がわか…

  2. ロマンス

    英語のロマンティックとは何か?

    カタカナでもよく「ロマンティック(romantic)」が使われますが、実際のところ英語本来の意味はよくわからないまま使っている感じもします。「ロマンティックあげ…

  3. complex

    complexとcomplicatedの違い

    complexとcomplicatedはともに「複雑な」といった意味で使われる言葉です。日本語すると同じになってしまいますが、ネイティブの感覚としては明確に違う…

  4. クレーム

    クレーム(苦情・不満を言う)とclaimの関係

    英語に興味を持つと日本語の「苦情を言う」に相当する「クレーム(claim)」が和製英語ぎみであることに気が付きます。このclaimをどう使えば適切なのか…

  5. ムードメーカー

    和製英語の検証「ムードメーカー(mood maker)」

    結論からいえばmood makerといった単語は英語圏には存在せず和製英語になります。ただネイティブに確認してみると、言葉の意味としては通っているし変な印象を与…

  6. ピエロ

    ピエロ(pierrot)はフランス語。英語ではなんて言う?

    カナダ人のスティーブとも話していたのですが、ピエロ・道化師(pierrot)はフランス語であって、英語圏ではほぼ使いません。英語では「clown(クラウン)」が…

  7. メイキャップ

    和製英語の「メイク」と「メイキャップ」

    化粧のメイクを「make」としてしまうと作るの意味しかないので英語としては通用しなくなってしまいます。この使い方は和製英語ぎみですね。流行りの「クボメイ…

  8. マニア

    和製英語の「マニア(mania)」の意味を考える

    カタカナと英語でかなり使い方が違う単語に「マニア(mania)」や「マニアック(maniac)」があります。今回もネイティブの意見と作ってもらった例文を…

  9. チャレンジ

    和製英語の検証「チャレンジ(Challenge)

    和製英語とまではいいませんがチャレンジ(Challenge)もカタカナ独特の使い方がされており、英語の本来の意味と少しズレが生じている言葉です。英語では…

  10. デスノート

    Death Note(デスノート)は和製英語か?

    デスノートのハリウッド版が公開されるニュースを何度か配信したことがありますが、その際に「これってデスノートブックでは?」とスティーブからツッコミが入りました。…

おすすめ記事

  1. manager
  2. rich / wealthy
  3. 支持する
  4. 仕事
  5. present

最近の記事

  1. across(アクロス)
  2. tend to
  3. enact
  4. managed-to
  5. regard
  1. 閉店

    イディオム・熟語・慣用句

    close upとclose downの違い
  2. sum

    イディオム・熟語・慣用句

    sum upの意味と使い方
  3. decimal point

    英語の使い方

    英語で小数点を含む数字の読み方・書き方
  4. after

    英単語の意味と使い方

    name after, take afterなど様々なアフターの使い方
  5. ファミレス

    微妙な日本語の翻訳

    ファミリーレストラン(ファミレス)を英語でどう言うべきか?
PAGE TOP