和製英語

  1. メイキャップ

    和製英語の「メイク」と「メイキャップ」

    化粧のメイクを「make」としてしまうと作るの意味しかないので英語としては通用しなくなってしまいます。この使い方は和製英語ぎみですね。流行りの「クボメイ…

  2. マニア

    和製英語の「マニア(mania)」の意味を考える

    カタカナと英語でかなり使い方が違う単語に「マニア(mania)」や「マニアック(maniac)」があります。今回もネイティブの意見と作ってもらった例文を…

  3. チャレンジ

    和製英語の検証「チャレンジ(Challenge)

    和製英語とまではいいませんがチャレンジ(Challenge)もカタカナ独特の使い方がされており、英語の本来の意味と少しズレが生じている言葉です。英語では…

  4. デスノート

    Death Note(デスノート)は和製英語か?

    デスノートのハリウッド版が公開されるニュースを何度か配信したことがありますが、その際に「これってデスノートブックでは?」とスティーブからツッコミが入りました。…

  5. アピール

    日本人が使うappeal(アピール)の意味が違う

    カナダ人のスティーブと「appeal」について話していましたが、彼は日本人の使うカタカナの「アピール」が少し英語とは違っていると話していました。名詞、動…

  6. シールとステッカー

    シール、ステッカー、ラベルの違い

    シールとステッカーの違いを説明しろと言われてもカタカナだと難しいかもしれません。しかし英語ではseal(シール)sticker(ステッカー)label(…

  7. 困る人

    和製英語が生まれるのは誰のせいか?

    それほど大きな問題ではないとは思いますが、日本人の英語力向上を妨げる理由の1つとして和製英語の蔓延があります。このような英語解説のページで「和製英語」が…

  8. チラシ

    キャッチコピー(Catchcopy)は和製英語か?

    日本語のキャッチコピーはちょっと和製英語ぎみの使い方になるそうです。業界用語的な「コピー」も同じだそうです。辞書のcopyの項目には「原稿、広告文、広告…

  9. handle

    和製英語の検証「ハンドル(handle)」

    カタカナで「ハンドル」といった場合には2つのものが想像されます。1つは「車のハンドル」で、もう1つはネット上で使う「ハンドルネーム」です。和製英語である…

  10. ブラックジョーク

    和製英語の検証「ブラックジョークとソウルフード」

    ニュースでタイタニック号の沈没をテーマにした子ども向けのすべり台があり、それを見たネットの日本人から「ブラックジョークだね」といった意見がありました。そ…

おすすめ記事

  1. カタカナ
  2. bread
  3. フリーティー
  4. hatena
  5. センテンススプリング

最近の記事

  1. cat
  2. ジッパー
  3. ピリオド
  4. 呪い・カーズ
  5. コールド
  1. qualify

    英単語の使い方と単語比較

    qualifyとcertifyの違いと使い方について
  2. 信じる

    イディオム・熟語・慣用句

    believeとbelieve inの違いについて
  3. among

    英単語の使い方と単語比較

    amongとamongst、amidとamidstの違い
  4. コメント

    英単語の使い方と単語比較

    commentとremarkの違い
  5. 英単語の使い方と単語比較

    old peopleとolder peopleの違い
PAGE TOP