イディオム・熟語・慣用句

  1. up-to

    up to(最大・次第・数字)の意味と使い方

    up toは会話表現でもよく登場する言葉で「~次第だ」と「最大で〇〇だ」といった意味で使われることが多いです。また挨拶などにも登場する表現や、何かよから…

  2. 担当責任

    in charge of / responsible forの違い

    どちらも似たような言葉ですが、一般的な解釈ではin charge ofは「~を担当して、~を任されて、~を管理している」です。responsible f…

  3. take-to

    take toの意味と使い方

    takeは元々は何かを取るような漠然としたイメージの言葉で、さまざまな言葉と組み合わさって、多様な意味を作り出しています。ネイティブスピーカーの会話では…

  4. pedestal

    pedestal(台座)に関連する英語表現

    pedestalは銅像などの「台座」のことです。自由の女神のような台座や、スタンド部分など、銅像を支える部分全般を指します。何度かニュースに登場したこと…

  5. only to find

    only to findの意味と例文

    ニュース文にもたびたび「only to 動詞」の形で、よく「(only) to find」が登場します。 文法としては「to不定詞の副詞用法」と呼ばれる使い方で…

  6. charge(チャージ)

    charge(チャージ)の意味と使い方

    charge(チャージ)といえば、頻繁にカタカナでも聞かれる言葉ですが、カタカナの場合はおそらくスマホなどを「充電する」の意味か、またはプリペイド式の電子マネー…

  7. 高い

    high / height / tallの違いについて

    どれも「高さ」に関連する表現ですが、ニュースでは人の身長や建物の高さなどの意味の他にも、グラフや数値の高さなどさまざまなを物事を表す場合に登場しています。…

  8. turn-into

    「~になる」の become / turn into / getの違い

    get / become / turn intoはどれも日本語にしてしまうと「~になる」といった意味では同じですが、扱いが少し違います。ニュースでは「ド…

  9. 信じる

    believeとbelieve inの違いについて

    believe(信じる)といった意味の単語ですが、日本語でも「信じる」といった場合に、嘘をいっていない、信頼しているなどの意味になるケースと、UFOや宇宙人のよ…

  10. drag

    dragの意味と使い方のまとめ

    2017年4月にユナイテッド航空でオーバーブッキングしたため、乗客がランダムで降ろされることになりましたが、その際に乗客が拒否したため警察に引きずり降ろされる事…




おすすめ記事

  1. 〇〇風
  2. ゆるキャラ
  3. 飲み放題
  4. all-you-can-eat
  5. fix / repair / mend

最近の記事

  1. given
  2. コンポーネント
  3. ブリックアンドモルタル
  4. risk
  5. run-ran
  1. 以下以上

    英文法とライティング

    以上、以下、未満、超えるの英語表現
  2. historicとhistoricalの違い

    英単語の意味と使い方

    historicとhistoricalの違い
  3. uesless

    英単語の意味と使い方

    unuseful, useless, usefulの意味と違い
  4. プリンシパル

    英単語の意味と使い方

    principleとprincipalの違い
  5. オッズ

    イディオム・熟語・慣用句

    オッズ(odds)の英語表現
PAGE TOP