英文法とライティング

  1. near-nearly-almost

    near / nearly / almostの違いと使い方

    nearlyとalmostは「ほぼ、ほとんど」の意味で使われ、nearは「近い」といった意味で使われる中学校でも習う基本的な単語です。しかし、nearに…

  2. nevertheless

    nevertheless(nonetheless)の意味と使い方について

    neverthelessは「にもかかわらず」の意味でよく知られています。他にも「そうは言うものの、それでもなお」の意味で掲載がありますが、この和訳の通りに文章に…

  3. respective

    respectively / respectiveの使い方、eachとの違い

    respectの派生語は種類が多くてややこしいですが今回は副詞のrespectivelyと、形容詞のrespectiveの使い方について取り上げてみます。…

  4. toward

    toward(towards)の使い方(例文付き)

    towards(またはtoward)は「~の方へ、~に向かって」といった方向を表す前置詞です。towardsとSのないtowardは基本的には同じで置き換えが可…

  5. out-of

    out of の「~から、~の理由で」の使い方

    out of ◯◯は「~から生まれて、~によって、~から作り出して」の意味でもよく使われます。個人的にはこの使い方に慣れなくて「~によって、~から作り出…

  6. as if / as though

    as ifとas thoughの違い

    as ifとas thoughの違いについては、基本的には同じものだと思ってもそう間違いではありません。「まるで~のように」といった意味です。ネイティブ…

  7. コーナー

    in / on / at the cornerの違い

    corner(コーナー・角)に対してどの前置詞(in / on / at)を使うかによって指している場所が異なってきます。これは熟語というよりも前置詞が持ってい…

  8. So am I

    So do I / So am Iの倒置の使い方について

    英会話では「私もだよ、私も同じだよ」といった表現をする時に「So do I」「So am I」といった表現が見られます。自分が話す英会話の場合だけなら決…

  9. and-up / or more

    以上を意味する「and up」「or more」の違い

    「〇〇以上」を表す表現はいくつか考えられます。過去に『以上、以下、未満、超えるの英語表現』を書いているので基本的な意味を知りたい方はそちらをご覧ください。…

  10. upon(アポン)

    uponの意味と使い方

    「upon」はonと同じ意味で、会話表現ではあまり聞かれませんがニュース文ではときどき見かけることがある単語です。特に文頭に来るuponは「~してすぐに…

おすすめ記事

  1. mimic
  2. manager
  3. rich / wealthy
  4. 支持する
  5. 仕事

最近の記事

  1. video-game
  2. best-seller
  3. medicine
  4. fly
  5. shit
  1. would

    英文法とライティング

    わかりやすいwouldの意味と使い方
  2. 同情

    英単語の意味と使い方

    sympathyとempathyの違い
  3. cat/dog

    英単語の意味と使い方

    動物には使うけど人間には使わない英語
  4. shit

    スラング

    shitの意味と使い方
  5. 連続する

    日本語から英語へ

    連続する(連勝する)を英語でどういうか?
PAGE TOP