英文法とライティング

  1. 倍数

    倍(2倍、3倍~)の英語表現

    英語で「倍」を表現する方法にはいくつかのパターンがあります。ここでは表現方法を一通りまとめてみます。「収入を倍にした」と「彼は私の2倍、速く走る」では少…

  2. ミッションインポッシブル

    「should you choose to accept it」とifの省略

    スパイの活躍を描いたミッション・インポッシブル(Mission:Impossible)シリーズに登場する有名なセリフがあります。Your mission…

  3. have gone to

    have been toとhave gone toに違いはあるの?

    カナダ人のスティーブと話し合いになったのは以下の2つの文章が同じだという論争です。①I have been to France.②I have gone…

  4. lay-lie

    lie(自動詞)とlay(他動詞)の違い

    「横たわる(lie)」と「横たえる(lay)」の違いを扱った問題は受験、テスト関係では有名です。活用や自動詞、他動詞といった概念もあって複雑です。あらた…

  5. 最近・この頃

    recently, lately, these days, nowadaysの違い

    どれも「最近は、近頃は、この頃は」などの意味ですが少しニュアンスが異なります。また使える状況なども少しずつ違ったりするのでややこしいです。今回もネイティ…

  6. out of

    out of 数字の意味と使い方

    「〇〇個のうち▲個が」「【数字】のうち【数字】個が」といった表現をする場合に英語では「out」が用いられることがあります。このoutの使い方は慣れないと非常に混…

  7. would

    わかりやすいwouldの意味と使い方

    wouldはwillの過去形ではありますが、使い方がよくわからないと悩む人も多いのではないでしょうか。おそらく日本語で〇〇の用法・意味と分類して考えるよ…

  8. 眼鏡

    メガネ(glasses)とハサミ(scissors)の複数形

    日本人が「1つ、単数形」と感じるもので、英語では複数形で扱うものについていくつか取り上げてきました。靴はまだ理解しやすく左右で物体として2つありますが、…

  9. シューズ

    靴(shoes)の単数形と複数形

    英語は複数形と単数形にうるさい言語だと思いますが、その中でも日本人が「1つ」であると認識するものでも複数形で表記しないといけない単語があります。「sho…

  10. ユニーク

    unique(ユニーク)とuniquelyの意味

    カタカナでもおなじみの「unique (ユニーク)」ですが、英語では大きく2つぐらいの使い分けが可能なので順番にご紹介します。「ちょっと変わった、珍しい…

おすすめ記事

  1. accident / incident
  2. ミッションインポッシブル
  3. lay-lie
  4. 保証する
  5. 眼鏡

最近の記事

  1. face-to-face
  2. stab / sting
  3. deal
  4. questionnaire
  5. answer-to
  1. 西暦

    英文法とライティング

    英語で西暦(年代)の読み方
  2. 驚く人

    アメリカ

    アメリカで宝くじに当選すると不幸になる?
  3. spy

    スラング

    スパイ・諜報機関の英語表現
  4. put on / wear

    イディオム・熟語・慣用句

    「服を着る」のput on / wear / dressの違い
  5. 閉店

    イディオム・熟語・慣用句

    close upとclose downの違い
PAGE TOP