英文法とライティング

  1. given

    文頭のGiven / Given thatの使い方

    文頭にGivenが登場すると「~を考慮に入れると、~を考えると」の意味です。Consideringがほぼ同じ意味になります。以下、順番に用法を書いている…

  2. writing

    筆記体(cursive)は必要なのか?

    筆記体は英語では「cursive」または「cursive handwriting」「cursive writing」と呼ばれており、教育における位置づけは各国で…

  3. ~になる

    「~になる」のgo / get / become / turnに違いはあるのか?

    「赤くなる」「感情的になる」などの「〇〇になる」の組み合わせは無数に考えられます。これはネイティブスピーカーでも差や違いがわからないものも多く、完璧に運用するの…

  4. near-nearly-almost

    near / nearly / almostの違いと使い方

    nearlyとalmostは「ほぼ、ほとんど」の意味で使われ、nearは「近い」といった意味で使われる中学校でも習う基本的な単語です。しかし、nearに…

  5. nevertheless

    nevertheless(nonetheless)の意味と使い方について

    neverthelessは「にもかかわらず」の意味でよく知られています。他にも「そうは言うものの、それでもなお」の意味で掲載がありますが、この和訳の通りに文章に…

  6. respective

    respectively / respectiveの使い方、eachとの違い

    respectの派生語は種類が多くてややこしいですが今回は副詞のrespectivelyと、形容詞のrespectiveの使い方について取り上げてみます。…

  7. toward

    toward(towards)の使い方(例文付き)

    towards(またはtoward)は「~の方へ、~に向かって」といった方向を表す前置詞です。towardsとSのないtowardは基本的には同じで置き換えが可…

  8. out-of

    out of の「~から、~の理由で」の使い方

    out of ◯◯は「~から生まれて、~によって、~から作り出して」の意味でもよく使われます。個人的にはこの使い方に慣れなくて「~によって、~から作り出…

  9. as if / as though

    as ifとas thoughの違い

    as ifとas thoughの違いについては、基本的には同じものだと思ってもそう間違いではありません。「まるで~のように」といった意味です。ネイティブ…

  10. コーナー

    in / on / at the cornerの違い

    corner(コーナー・角)に対してどの前置詞(in / on / at)を使うかによって指している場所が異なってきます。これは熟語というよりも前置詞が持ってい…




おすすめ記事

  1. 匂い
  2. 〇〇風
  3. ゆるキャラ
  4. 飲み放題
  5. all-you-can-eat

最近の記事

  1. suicide
  2. batter
  3. questionの動詞
  4. screen
  5. monitor / monitoring
  1. tension(テンション)

    和製英語とカタカナ英語

    「tension(テンション)」の意味と使い方
  2. アイス

    アメリカ

    かき氷やアイスクリームの英語
  3. wash

    イディオム・熟語・慣用句

    washを使った熟語・イディオム
  4. 励ます

    英単語の意味と使い方

    sympathyとempathyの違い
  5. want

    英単語の意味と使い方

    wantとdesireの違いについて
PAGE TOP