言葉の違い

  1. ~になる

    「~になる」のgo / get / become / turnに違いはあるのか?

    「赤くなる」「感情的になる」などの「〇〇になる」の組み合わせは無数に考えられます。これはネイティブスピーカーでも差や違いがわからないものも多く、完璧に運用するの…

  2. unsatisfied / dissatisfied

    unsatisfiedとdissatisfiedの違い

    どちらも満足していること(satisfied)の反対の意味で「満足していないこと」を表します。言い換えると不満であるといってもいいと思いますが少しニュアンスが異…

  3. resume

    presume / assume / resumeの違い

    resume(再開する)と関連するassumeやpresumeといった言葉の違いをまとめてみました。それぞれ名詞になった形も存在しています。語源をたどる…

  4. alone

    alone / by myself / on my ownの違い

    aloneとby myself、on my ownはいずれも共に「一人で、単独で」といった近い意味あるいはまったく同じ意味になります。この3つの違いにつ…

  5. aim-target

    aimとtargetの違い

    aimとtargetはどちらも「狙い、目標」といった意味があり、ともに動詞や名詞で使われる点でも共通しています。aimが政策やマーケティングの狙いなど広…

  6. via

    viaの意味と使い方、by, throughとの違い

    viaは「~を経由して、~を通って、~を用いて」を意味する前置詞でラテン語がそのまま残っている感じで英語っぽくない響きがあります。これは旅行などで「サン…

  7. hit-strike

    hit / strike / knockの違い

    hit(ヒット)とstrike(ストライク)の違いについてはネイティブスピーカーに意見を聞いた結論を書くとシンプルな動詞として使うには「あまり差が感じられない」…

  8. 病気

    病気のdisease / illness / sickness / disorderの違い

    「病気」を意味する言葉も多いですが、使われやすい傾向があるもののネイティブスピーカーはほとんどの場合で入れ替えて使います。「disease」「illne…

  9. award-prize

    award / prize / rewardの違い

    この3つの言葉はどれも「賞」または「賞品」などを表す言葉です。意味としては重なり合う部分があるものの、微妙にニュアンスや性質が異なるため多くのケースで置き換える…

  10. respective

    respectively / respectiveの使い方、eachとの違い

    respectの派生語は種類が多くてややこしいですが今回は副詞のrespectivelyと、形容詞のrespectiveの使い方について取り上げてみます。…




おすすめ記事

  1. 〇〇風
  2. ゆるキャラ
  3. 飲み放題
  4. all-you-can-eat
  5. fix / repair / mend

最近の記事

  1. full-of
  2. look-to
  3. whereabouts
  4. launch
  5. given
  1. 倍

    英単語の意味と使い方

    倍(2倍、3倍~)の英語表現
  2. プリンシパル

    英単語の意味と使い方

    principleとprincipalの違い
  3. アメリカでの出産体験

    アメリカ

    アメリカの出産体験
  4. ハラスメント

    和製英語とカタカナ英語

    harassment(ハラスメント)の意味(例文付き)
  5. 福島第一原発

    日本(Japan)

    福島第一原発を見に行ってきました。
PAGE TOP