言葉の違い

  1. via

    viaの意味と使い方、by, throughとの違い

    viaは「~を経由して、~を通って、~を用いて」を意味する前置詞でラテン語がそのまま残っている感じで英語っぽくない響きがあります。これは旅行などで「サン…

  2. hit-strike

    hit / strike / knockの違い

    hit(ヒット)とstrike(ストライク)の違いについてはネイティブスピーカーに意見を聞いた結論を書くとシンプルな動詞として使うには「あまり差が感じられない」…

  3. 病気

    病気のdisease / illness / sickness / disorderの違い

    「病気」を意味する言葉も多いですが、使われやすい傾向があるもののネイティブスピーカーはほとんどの場合で入れ替えて使います。「disease」「illne…

  4. award-prize

    award / prize / rewardの違い

    この3つの言葉はどれも「賞」または「賞品」などを表す言葉です。意味としては重なり合う部分があるものの、微妙にニュアンスや性質が異なるため多くのケースで置き換える…

  5. respective

    respectively / respectiveの使い方、eachとの違い

    respectの派生語は種類が多くてややこしいですが今回は副詞のrespectivelyと、形容詞のrespectiveの使い方について取り上げてみます。…

  6. occur

    「起こる」のoccur / incur / happenの違い

    occurとhappenの違いについては基本的には何かが「起こる」として置き換えが可能な同じ意味です。しかしネイティブスピーカーに確認してみるとやはりニ…

  7. プリンシパル

    principleとprincipalの違い

    principle(教義・原理)とprincipal(校長)は非常にスペルもよく似ている、発音も同じため間違いやすい言葉だといえます。カタカナにするとプリンシパ…

  8. attack

    「攻撃する」のattack, assail, assaultの違い

    「攻撃する」には「attack」「assail」「assault」などがニュースでもよく登場します。カタカナでもおなじみの「attack(アタック)」は万能で、…

  9. お客さん

    お客様のcustomer / client / guest / visitorの違い

    お客さんを表す言葉はいくつか存在しており主に業種やその性質により使い分けされています。customer / client / guest / visitorあた…

  10. and-up / or more

    以上を意味する「and up」「or more」の違い

    「〇〇以上」を表す表現はいくつか考えられます。過去に『以上、以下、未満、超えるの英語表現』を書いているので基本的な意味を知りたい方はそちらをご覧ください。…

おすすめ記事

  1. mimic
  2. manager
  3. rich / wealthy
  4. 支持する
  5. 仕事

最近の記事

  1. video-game
  2. best-seller
  3. medicine
  4. fly
  5. shit
  1. uphold

    英単語の意味と使い方

    uphold / hold upの意味と使い方
  2. taste

    和製英語とカタカナ英語

    taste(テイスト)の動詞・名詞での意味と使い方
  3. intake

    英文法とライティング

    take in → intakeのような名詞
  4. promise(プロミス)

    英単語の意味と使い方

    promiseの意味と使い方
  5. アピール

    和製英語とカタカナ英語

    日本人が使うappeal(アピール)の意味が違う
PAGE TOP