文化と体験

  1. 宝くじ・クジ引き

    lottery, raffle, drawなど「くじ引き」の英語

    ローソンで「X JAPANのバスローブが当たるくじ引きが発売」という記事をなぜかニュースとして配信したことがあります。YOSHIKIが監修したとあって、…

  2. マジシャン

    メンタリスト、マジシャン、サイキックを英語から考える

    1980年代に活躍したMr.マリックが超魔術ブームを起こしましたが、当時は裏側ではけっこう苦悩していたインタビューが産経新聞に公開されていました。Mr.…

  3. 葬式

    葬式など死に関連するセレモニーの英語

    英語圏の国といってもさまざまあり、地域・宗教・宗派によって多くの種類の違いがありますが、以下は一般的なキリスト教系のセレモニーをまとめてみました。「se…

  4. アメリカ

    America(アメリカ)とUSAの違い

    カタカナで「アメリカ(America)」といえばアメリカ合衆国を指すケースが多いですが、世界にはそれを嫌う人がいることも覚えておいて損はないかもしれません。…

  5. 失恋

    本当は好きじゃなかった(笑)を英訳

    アンケートサイトのみんなの声が『恋人に告げられた「理不尽な別れの理由」』と題した調査を実施していたのが面白かったためニュースとして紹介しました。一位に輝…

  6. プリンス

    天才、プリンス死去のニュース

    プリンスが亡くなった記事をアプリ内で長文のニュースとして配信しました。そのキャリアの中で特筆すべきことは多くありますが、英語学習サイトでもあるので名前を…

  7. ツイッター

    世界のツイッターフォロワー数ランキング!

    2016年の1月にアメリカの歌手のケイティ・ペリーのフォロワー数が8000万人を超えたことがニュースになりました。この記事を書いている段階では9300万…

  8. ピエロ

    ピエロ(pierrot)が英語圏で通じない

    2016年の夏頃から英語圏で「creepy clown(気味の悪いピエロ)」や「clown sightings(ピエロ目撃)」といったドッキリ動画がYoutub…

  9. 最悪のジョーク

    2016年、最悪の英語ジョーク

    前回、エディンバラ・フリンジ・フェスティバルで2016年で最も面白かった英語のジョークを取り上げました。ここでは最悪のジョークも選出されているの…

  10. ジョーク

    2016年、最優秀の英語ジョーク

    毎年、スコットランドで行われるアートフェスティバル「エディンバラ・フリンジ・フェスティバル」では最も面白いジョークに賞が贈られます。有名なコメディアンが…

おすすめ記事

  1. カタカナ英語
  2. パン
  3. フリーティー
  4. はてぶ
  5. センテンススプリング

最近の記事

  1. once
  2. カタカナ英語
  3. compensation
  4. qualify
  5. スパイ
  1. mouse and rat

    英単語の使い方と単語比較

    ラット(rat)とマウス(mouse)の違い
  2. 和製英語

    boom(ブーム)とtrend(トレンド)の違い
  3. gaming

    英単語の使い方と単語比較

    最近はgaming(ゲーミング)の意味が変化している
  4. パンツ

    英単語の使い方と単語比較

    パンツ(pants)が複数形になる理由
  5. ロサンゼルス

    アメリカ

    ロスでは日常茶飯事だぜ!日本人が驚くアメリカだけの常識
PAGE TOP