キャスト

cast(キャスト)の様々な意味

日本語でキャストといえば映画やドラマに出演している人々を指すことが多いです。英語にもこの意味はありますが、まったく違う意味も動詞、名詞であるので例文を交えながらご紹介します。

活用はcast(現在)-cast(過去形)-cast(過去分詞)で同型になるので、時制は文脈で判断するしかありません。

発音は一般的にイギリス・オーストラリアは「カスト(kάːst)」ですが北米は「キャスト(kˈæst)」になります。

カスト(kάːst)
キャスト(kˈæst)

出演者(名詞)

一般的に私達がイメージする出演者としてのキャストの意味がまずあります。正確には出演している俳優達の総称、グループのことです。

Masi Oka joined the cast of the Hollywood Death Note movie.
(マシ・オカはハリウッド版の『デスノート』のキャストに参加した)

I like that show because the cast is all really good.
(あのショーは好きだ。なぜなら出演者が全員いいからだ)

ギプス(名詞)

いわゆる骨折したときにつけるギプスのことです。ギプス(gips)はドイツ語で石膏のことだそうです。

He has a cast on his left leg because he broke his leg skiing.
(彼は左足にギプスをしている。なぜならスキーで骨折したからだ)

Will you sign my cast?
(ギプスにサインしてくれる?)

欧米の文化でギプスに友達などから御見舞のメッセージを書いてもらう習慣があります。

もし動詞で医療用ギプスをつけるとする場合はputを使います。

The doctor put my arm in a cast.
(医者は私の腕にギプスをはめた)

My leg was put in a cast after the skiing accident.
(スキー事故の後で足にギプスをはめられた)

役者を選ぶ(動詞)

役者関連でいえば動詞で使うとそのまま「役者を選ぶ、役を割り当てる」の意味になります。

The Hollywood Godzilla cast Ken Watanabe as Dr. Ishiro Serizawa.
(ハリウッド版『ゴジラ』では渡辺謙を芹沢猪四郎役に選んだ)

Ben Affleck was cast as Batman in Batman versus Superman.
(『バットマンVSスーパーマン』ではベン・アフレックはバットマン役だった)

投げる(動詞)

「投げる」の意味でもけっこう使われます。特に釣り関係で使われます。

He cast his fishing line into the river.
(彼は釣り糸を川に投げた)

本当に投げるの意味でも使われますが「投げ捨てる、取り除く」といった比喩的な意味でも使います。

The community cast out one of their members for stealing.
(コミュニティはメンバーのひとりを窃盗で投げ捨てた)

上の文章など文字通り投げ飛ばした風にも読めますが、普通はメンバーから除外したといった解釈になります。

He cast a stone at the dangerous animal.
(彼は危険な動物に石を投げた)

ただ上のような表現はちょっと古くさい感じがするみたいです。

The die is cast(賽は投げられた)

有名なジュリアス・シーザー(ユリウス・カエサル)の「物事がはじまって引き返せない状態、とことん最後までやるしかなくなった」を意味する『賽は投げられた』も英語では以下のような表現です。

The die is cast.
(賽は投げられた)

元は古いラテン語で「alea iacta est」と書かれたようです。

サイコロのdiceは複数形で、単数では死を意味するdieと同じスペルです。

このジュリアス・シーザーの言葉と、サイコロと死が同じ意味なことに気がつくのは沢木耕太郎さんの深夜特急のマカオでのエピソードでも語られていました。

ギャンブルをすることは、死と同じぐらいの意味なのかなという想いがよぎる場面です。

確かにdieとcastの両方の意味を正確に知らないと死がキャスティングされたかのように読み違えそうになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. sentence spring(センテンス・スプリング)は英語としてどうか?
  2. 英語で見たハンバーガーとハンバーグの違い
  3. 形容詞(adjective)の順序とネイティブの感覚
  4. ブログやツイッターのネット炎上は英語でどういうか?
  5. カタカナと発音が違う英語の都市名一覧

関連記事

  1. news

    英文法とライティング

    英語ニュースの見出しの文法とルール

    英語のニュースの見出し・ヘッドライン(Headlines)は独特の表記…

  2. 選挙用語

    英語の使い方

    選挙用語の英語まとめ

    2016年はイギリスのEU離脱の国民投票や、アメリカのトランプ・ヒラリ…

  3. プラクティス

    英単語の使い方と単語比較

    練習する以外のpracticeの意味

    practice(プラクティス)は動詞で「練習する、訓練する」、名詞で…

  4. after

    英単語の使い方と単語比較

    name after, take afterなど様々なアフターの使い方

    afterは「~の後で、~の後ろに、~の後に」といった基本単語ですが、…

  5. 貸し借り

    英単語の使い方と単語比較

    貸し借り(borrow, lend, rent, loan)の違い

    ニュースに貸し借りに関連する表現がいくつか登場するのでまとめてみました…

  6. wash

    イディオム・熟語・慣用句

    washを使った熟語・イディオム

    アプリの中で配信したニュースに、washをつかった別々の表現がたまたま…

おすすめ記事

  1. パン
  2. フリーティー
  3. はてぶ
  4. センテンススプリング
  5. 失恋
  6. ツイッター
  7. asas
  8. 都市名
  9. 炎上
  10. 外国人

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. known to
  2. odds
  3. bet
  4. 梟(owl)
  5. ライン
  6. LINE
  7. relationship
  8. 保険用語の英語
  9. 料理
  10. フリー
  1. polite

    英単語の使い方と単語比較

    日本人のpoliteの使い方がたまに変
  2. 文化と体験

    これやから東京モンは!大阪人が嫌いな関東の特徴
  3. drink-drunk

    英文法とライティング

    drinkの過去形と過去分詞は何か?
  4. モイスト

    文化と体験

    Moistが最悪な英単語の調査でトップ
  5. チャレンジ

    和製英語

    和製英語の検証「チャレンジ(Challenge)
PAGE TOP