neitrher

neither / either / both / の使い方

似たような使われ方をする言葉ですがネイティブの意見と例文を交えながら確認してみます。

一般的には以下の様な説明、使われ方が教科書などではされています。

both A and B
(AとBの両方)

either A or B
(AまたはBのどちらか一方)

neither A nor B
(AでもBでもない)

これだけならまだシンプルなのですが、notをともなったりすると少しややこしい感じがします。

例文とネイティブが読んだ時の受け止め方については、カナダ人のスティーブの意見をまとめたものです。

both A and Bの使い方

この場合は「AもBも両方とも」の意味になります。

I want both the fish and the steak.
(魚とステーキ、両方欲しい)

There are cameras on both the front and the back.
(カメラが前面・背面にある)

上の例文はスマホなどのカメラをイメージしてください。

either A or Bの使い方

「AかBのどちらか、AかBのどちらか一方」の意味になります。

I want either the fish or the steak.
(魚かステーキ、1つだけどちらか欲しい)

上の場合は魚か肉かどちらかほしいと思っていますが「両方でもいいかな」と感じるそうです。

There is a camera on either the front or the back.
(1つのカメラがあり、前面か背面のどちらか選べる)

Either my car or his car has a flat.
(私の車か彼の車、どちらかパンクしている)

Either car has a flat.
(どちらかの車がパンクしている)

Either has a flat.
(どちらかパンクしている)

neither A nor Bの使い方

「AもBも両方ない」の意味になります。

I want neither the fish nor the steak.
(魚も肉もいらない)

There are cameras on neither the front nor the back.
(カメラは前面にも背面にもない)

Neither my car nor his has a flat.
(私の車も彼の車もどちらもパンクしていない)

Neither car has a flat.
(どちらの車もパンクしていない)

Neither has a flat.
(どちらもパンクしていない)

neitherはnever、nothingなどと同じで、この言葉そのものに「ない」という否定の意味が含まれているので使い方に注意(notを同時に使わない)が必要です。

ネイティブスピーカーがneitherを使う時に、わざわざ「nor」を使わないことがけっこうあるそうです。ちょっと大げさ、ファンシーに響く感じがするようです。

I want neither the fish or the steak.
(*魚も肉もいらない)

上のような表現をすることもけっこうあるとのことです。間違いというよりもあえてわざわざnorを言っていない感じもあって、どちらでもいい感じですが、文法的にはnorが正しいので試験関係ではご注意ください。

norの注意点

norそのものに否定の意味が入っているので、その後に続く文章も否定の意味になります。

I don’t like potatoes nor do I like peanuts.

この上の文章の場合、ポテトが嫌いであり、その後のピーナッツも嫌いといっています。

It is not a novel nor was it written by J.K. Rowling.

ハリー・ポッターの続編の舞台劇の脚本が発売された時に登場した表現ですが、小説でもなければ原作者のJKローリングが書いてもいない、の意味になります。

norの後ろにはnotがないので、否定文ではないように見えてしまう点には注意が必要です。

norの倒置

さらにnorの後ろは順番が入れ変わります。

likeやplayなど一般動詞が使われている分ではdo/doesが入り疑問文の形になります。

I don’t like potatoes nor do I like peanuts.
(nor+ do/does + 主語 + 一般動詞)

be動詞の場合は、be動詞が前にきます。

…nor was it written by J.K. Rowling
(nor + be動詞 + 主語)

助動詞が使われていれば、それも順番が入れ替わり疑問文の形になります。

I won’t vote for Trump, nor will I vote for Clinton.
(私はトランプにも、クリントンにも投票しないだろう)

文法書を見ても「倒置が起こる」としか書いていないので、何かしら理由があるのかもしれませんが、そういうルールなのでしょう。

not either A or B

notをともなうと以下のような解釈になるそうです。

I don’t want either the fish or the steak.
(魚も肉もいらない)

There aren’t cameras on either the front or the back.
(カメラは前面にも背面にもない)

not both A and B

同じくnotをともなったbothの表現です。

I don’t want both the fish and the steak.
(両方はいらない。たぶん1つだけならOKかも…)

There aren’t cameras on both the front and back.
(2つのカメラはない。おそらく1つはありそう)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 英語圏で「パン」といった場合に何を意味するのか?
  2. 英単語としてのhack(ハック)の正しい使い方
  3. 2016年、はてブで500を超えた英語学習の記事まとめ
  4. 新名称TSTiE Driverが金玉ドライバーを連想させる件
  5. カタカナと発音が違う英語の都市名一覧

関連記事

  1. 電話

    英単語の使い方と単語比較

    call toとcall forとcallの違い

    基本単語すぎて取り上げたことがなかったので、あらためてネイティブの意見…

  2. qualify

    英単語の使い方と単語比較

    qualifyとcertifyの違いと使い方について

    qualifyという単語についてスティーブとけっこう長い間、根本的にど…

  3. relationship

    英単語の使い方と単語比較

    関係の意味のrelationとrelationshipの違い

    どちらも日本語にすると「関係」みたいな言葉になってしまうので、使い分け…

  4. raise eyebrows

    イディオム・熟語・慣用句

    raise eyebrows(眉毛をあげる)=驚かせる

    raise eyebrowsを直訳すると「眉毛をあげさせる」ですが、誰…

  5. トライ

    イディオム・熟語・慣用句

    tryとtry outの違いについて

    すでにカタカナとしてもかなり使われている「try」の使い方や基本的な意…

  6. ダース

    英単語の使い方と単語比較

    dozen(ダース)という不思議な単位の使い方

    海外に出ると12個を1組とする「ダース」発音としては「ダズン」が当たり…

おすすめ記事

  1. カタカナ
  2. パン
  3. フリーティー
  4. はてぶ
  5. センテンススプリング
  6. 失恋
  7. ツイッター
  8. asas
  9. カタカナ都市名
  10. 炎上する

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. ガジェット
  2. 展示会
  3. 鹿
  4. セレブ
  5. エレン・デジェネレス
  6. ハイジャック
  7. ウエスタン
  8. 信じる
  9. ぬいぐるみ
  10. figure
  1. ブレーク

    イディオム・熟語・慣用句

    break up / down / off / in の違い
  2. フェイク

    英単語の使い方と単語比較

    偽物を表すfake / counterfeit / forgery / knoc…
  3. 飲食店

    英単語の使い方と単語比較

    restaurant, eatery, dinerなど飲食店を表す英語
  4. house

    英単語の使い方と単語比較

    homeとhouseの違い
  5. bet

    イディオム・熟語・慣用句

    bet(賭ける)の英語表現
PAGE TOP