貸し借り

貸し借り(borrow, lend, rent, loan)の違い

ニュースに貸し借りに関連する表現がいくつか登場するのでまとめてみました。日本語でもそうですが「貸す側」なのか「借りる側」なのかで少し混乱しますね。

ポイントとしては「貸す側」なのか?「借りる側」なのか?と、有料と無料の差で考えることができます。

lend(貸す)

物やお金を貸す場合に使えるシンプルな表現です。これは貸す側の表現です。

lend – lent – lent の形です。

The library lent me a DVD.
(図書館は私にDVDを貸した)

My sister lent me five dollars.
(妹が私に5ドル貸してくれた)

Can you lend me your car tonight?
(今夜、車を貸してくれないかな?)

loan(貸す)

日本語で「ローン」と書くとお金を借りて物を買う金銭取引の意味合いが色濃くでますが、英語ではlendと同じ意味で使えます。ややlendよりかしこまったフォーマルな単語になります。

loan – loaned – loanedです。

The library loaned me a DVD.
(図書館は私にDVDを貸した)

lendとloanの違い

loanのほうがよりかしこまったフォーマルな表現であって、意味合いとしては同じです。銀行などでローンを組めば(=お金を借りれば)利息や手数料が発生しますが、それは必ずしも必要な要素ではありません。

無料で本やDVDを借りても、別に利息や料金が発生しているわけではありませんが「loan」といえるのはカタカナに慣れていると変な感覚ですね。

loanのほうが表現が少しフォーマルなので、例えば消費者金融やクレジットカードのキャッシンングなどは「money lending service」と表現しますが、ちゃんとした銀行などで借りるものは「car loan」「small business loan」のようにloanが使われています。

borrow(借りる)

お金や物を「借りる」ときに使える表現です。

borrow – borrowed – borrowedです。

I borrowed a DVD from the library.
(図書館でDVDを借りた)

基本的には持ち運びできるものに対して使います。日本語だと「トイレ」や「(家の)固定電話」なども「トイレかしてください」と表現しますが、英語ではこの場合「use(使う)」の方が一般的です。

I borrowed five dollars from my sister.
(妹から5ドルを借りた)

Can I borrow your car tonight?
(今夜、車を借りれないか?)

上にlendで書いた例文と貸し借りの主語を入れ替えて同じ内容の例文になっています。

rent(有料で貸す&借りる)

rentは貸す側、借りる側の両方に使えますが、料金を支払って貸し借りするものに使います。賃借と考えてもいいかもしれません。

rent – rented – rentedです。

I borrowed a DVD from the library.
(図書館でDVDを借りた)

I rented a DVD from Tsutaya.
(ツタヤでDVDを有料で借りた)

The library lented me a DVD.
(図書館は私にDVDを貸した)

Tsutaya rented me a DVD.
(ツタヤは私にDVDを有料で貸した)

rent out

rentは「貸す・借りる」の両方に使えるので、たまに少し混乱する文章があります。

①They rented their apartment for this summer.
(この夏、彼らはアパートを貸した?/借りた?)

①の表現におけるtheyはアパート物件の所有者を意味するのか? 借りた側の利用者を指すのか、曖昧になっています。

その場合には「rent out」にすると明確に「賃貸に出す、有料で貸し出す」の意味になり誤解がなくなります。

②They rented out their apartment for this summer.
(この夏、彼らはアパートを貸した)

②の表現になると明確にtheyが物件の所有者であることがわかります。

無料レンタル?

「rent」は有料の貸し借りを指すと書きましたが、日本語の「無料レンタル」を見てあらためて感じたのは言葉としては矛盾してないかな?といった疑問です。

rentalはrentの形容詞にあたるので「無料のレンタル」は言葉として不思議な感じがします。

ネイティブに確認してみましたが「ちょっと変(a little strange)ではあるけど、可能だとは思う(It’s possible)」との意見でした。

ネットで検索しても数は少ないのですが、確かにそういった表現があるにはありました。

イメージ的に土台となる有料のサービスがあって、何か追加のアイテムやサービスが無料だとかならば、ありうるのではないかといった話です。

ベースになる有料のサービスがないのに、いきなり「無料レンタル」すると慈善活動・チャリティ的な雰囲気を帯びて、もっと的確に描写できるふさわしい言葉があるのではないかといった話です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 英語の大文字と小文字の表記ルールと使い分け
  2. Fuck(fucking)についての考え
  3. 日本人は本当に「無神論者で無宗教」なのか?
  4. 外国人がFree Teaを無料と勘違いして万引き
  5. カタカナのビジネス用語は英語として本当に使えるのか?

関連記事

  1. vet

    英単語の使い方と単語比較

    veteran(ベテラン)の意味を考える

    カタカナにもなっているベテラン(veteran)ですが、英語ではいくつ…

  2. マジシャン

    英単語の使い方と単語比較

    メンタリスト、マジシャン、サイキックを英語から考える

    1980年代に活躍したMr.マリックが超魔術ブームを起こしましたが、当…

  3. シールとステッカー

    和製英語

    シール、ステッカー、ラベルの違い

    シールとステッカーの違いを説明しろと言われてもカタカナだと難しいかもし…

  4. local

    英単語の使い方と単語比較

    local / rural / regionalの違い

    どれも似た言葉なので違いを整理してみます。ローカルなどはカタカナでもよ…

  5. want

    英単語の使い方と単語比較

    wantとdesireの違いについて

    desireとwantはどちらも「~が欲しい」といった意味で使うことが…

  6. cat/dog

    英単語の使い方と単語比較

    動物には使うけど人間には使わない英語

    英単語の中には動物には使うけど、人間には使わない、といった言葉がけっこ…

おすすめ記事

  1. lay-lie
  2. 保証する
  3. 眼鏡
  4. シューズ
  5. ifと仮定法
  6. 影響を与える
  7. カタカナ
  8. bread
  9. フリーティー
  10. hatena

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. マイルストーン
  2. 歴史的な
  3. correspond
  4. smell
  5. フィールド
  6. lay-lie
  7. 試験・テスト
  8. thankful
  9. hang
  10. behave / act
  1. 英単語の使い方と単語比較

    translate(翻訳)とinterpret(通訳)の違い
  2. admit

    英単語の使い方と単語比較

    admitの意味と使い方まとめ
  3. behave / act

    英単語の使い方と単語比較

    action / actとbehavior / behaveの違い
  4. 本当は好きじゃなかった

    微妙な日本語の翻訳

    本当は好きじゃなかった(笑)を英訳
  5. swear

    英単語の使い方と単語比較

    swearの意味と使い方
PAGE TOP