badly and poorly

badlyとpoorlyの使い方

何かの技術などがまずい様子や下手なことを表すには「bad」や「poor」を使うことができます。

その一方で副詞のpoorlyやbadlyになると意味が大きく変わってくることがあります。

このあたりの混乱を避ける意味でも単語を整理してみます。あわせてちょっとマニアックな比較級の問題にも触れています。

poor = bad

poor(貧乏)は確かに「貧乏、金がない」といった金銭的な状況を表す言葉ですが、それ以外にも単純に「bad」とほぼ同じ意味で使われることが多いです。

poor health(不健康)やpoor manner(ひどいマナー)ほかにもpoor movie(ひどい映画)などです。

映画の場合などは、無理に「貧相な・貧弱な」といった「貧乏」からくるイメージを意識しているわけではなく、単純にひどかった映画、つまらない英語という意味でしかありません。

He is a bad runner.
= He is a poor runner.

貧困の意味で使われていない場合のpoorは単純にbadと考えても問題ありません。上の例文はひどいランナーだ、下手なランナーだといったネガティブな意味です。

badly

副詞のbadlyは「悪く、まずく、下手に」の意味もあります。

He runs badly.
(彼は下手に走った)

それ以外に「かなり、とても、非常に」の意味で使われるケースが多いです。very muchやvery stronglyの意味です。

この場合は「かなり、とても」の強調の意味なので、必ずしも悪い意味、ネガティブな意味で使われているとは限りません。

I badly want water.
(とても、水がほしい)

動詞を修飾する副詞の形になると意味がガラっと変わります。こうなると次に紹介するpoorlyも含めて2つは同じ意味でなくなります。

He wants a new car badly.
= He wants a new car very much.

「彼は新しい車をとても欲しい」といった意味になるので、別にネガティブなニュアンスはありません。どのくらいほしいかといった程度を意味する言葉です。

poorly

一方でpoorlyは「貧しく、乏しく、みすぼらしく、下手に、まずく、不完全に」などネガティブな意味でしか使われません。

物事のスキル・技術などについて話すならば、poorlyを使ったほうが混乱はしません。

I played tennis poorly.
(下手にテニスをプレーしてしまった)

He runs poorly.
(彼は下手に走る)

以下のような例文が作れるので確認してみてください。badlyが必ずしも悪い意味ではないのが不思議な感じがしますね。

I badly wanted the championship, but I played tennis poorly.
(かなり優勝したかったけど、下手なテニスをプレーしてしまった)

この件については「terribly(ひどく)」についても同じことがいえるのであわせてご覧ください。

比較級のworse

あまり見かけませんが、この理屈は比較級のworseにも当てはめることができます。

He runs more poorly than me.

He runs worse than me.

上の例文はともに技術的に「彼は私より悪い、下手」といった意味での純粋な比較級として使われています。

しかしworseを「とても」などの「程度に対しての比較」として使うことも可能です。

He wants a new car worse than me.
= He wants a new car more than me.

この場合は彼のほうがより新しい自動車を欲しがっていることを意味します。

この何かを強調する意味でのworseは日本の辞書に掲載があまりありません。海外の辞書を調べてみると副詞(adverb)の項目に掲載があります。

worse : with more severity, intensity, etc.; in a greater degree.(dictionary.com

確かにあまり見ない使い方ですが事実として存在しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. カタカナビジネス用語は英語として本当に使えるのか?
  2. 新名称TSTiE Driverが金玉ドライバーを連想させる件
  3. sentence spring(センテンス・スプリング)は英語としてどうか?
  4. 2016年、はてブで500を超えた英語学習の記事まとめ
  5. 英会話スクールの講師になる方法

関連記事

  1. police

    英単語の使い方と単語比較

    policeは警察か警察官か?

    「Police」は試験問題などでは頻出の重要単語で、文法上の扱いは常に…

  2. drive

    イディオム・熟語・慣用句

    practice driving/go driving/driveの違い

    以下の3つは明確にニュアンスが違うので取り上げてみます。①prac…

  3. jail

    スラング

    Jail(ジェイル)とPrison(プリズン)の違い

    Jail、Prisonともに「牢屋、刑務所」などと訳されて犯罪をして捕…

  4. 葬式

    英単語の使い方と単語比較

    葬式など死に関連するセレモニーの英語

    英語圏の国といってもさまざまあり、地域・宗教・宗派によって多くの種類の…

  5. cover

    英単語の使い方と単語比較

    cover(カバー)のさまざまな意味

    調べたり聴いたりしてわかりましたが、英単語のcoverは本当に幅広い意…

  6. 犯罪

    英単語の使い方と単語比較

    ニュースに頻出の犯罪用語まとめ

    犯罪にまつわる用語でaccus、charge、arrestなどが時系列…

おすすめ記事

  1. カタカナ
  2. bread
  3. フリーティー
  4. hatena
  5. センテンススプリング
  6. 本当は好きじゃなかった
  7. ツイッター
  8. asas
  9. カタカナ都市名
  10. 炎上

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. cat
  2. ジッパー
  3. ピリオド
  4. 呪い・カーズ
  5. コールド
  6. コンサーン
  7. 同情
  8. offとaway
  9. vet
  10. 逃げる
  1. feather in the cap

    イディオム・熟語・慣用句

    feather in the cap(羽の付いた帽子)
  2. ピリオド

    英文法とライティング

    省略の記号としてのピリオド(period)
  3. プリンス

    文化と体験

    天才、プリンス死去のニュース
  4. ホーディング

    英単語の使い方と単語比較

    hoarding(ホーディング)とholding(ホールディング)
  5. 展示会

    英単語の使い方と単語比較

    展示会を意味するexhibitionの使い方
PAGE TOP