asas

as tall asとas short asは同じ意味なのか?

「同じぐらいである」を表す際にas – as ~ の形を使うことができます。

①Tom is as tall as Jayne.
(トムはジェインと同じぐらいの身長だ)

②Korea is as far as Kyushu.
(韓国は九州と同じぐらいの距離だ)

ここで疑問になるのは、①のトムは世間一般の人と比べて背が高い人なのか? といった問題があります。

②の話し手は「韓国をそもそも遠いと感じているのか? 近いと感じているのか?」という疑問も浮かびます。

答えとしてはNOであり、その意味を含んでいません。これは有名な参考書『Forest』の258ページにも書いています。

比較程度の意味と確認
He is tall.は「彼は背が高い」という意味だし、She is old.は「彼女は年をとっている」という意味だ。ではHe is as tall as his father.といったら、やはり「彼は背が高い」という意味が含まれるのだろうか。実はそうではない。He is tall.では「彼」と他の人を比べることなく、単に「彼」の性質を述べているだけだ。しかし、He is as tall as his father.のように比較の枠組みを作っている場合は、比べている相手(この場合はhis father)を基準として「同じ背の高さ」だと述べているだけになる。「父」の背の高さ次第で、「彼」の背の高さも変わってくる。「父」の背が低ければ、He is as tall as his father.という文は「tall」という単語を使っていても「彼は背が高い」という意味にはならないのだ。(FOREST 第7版より)

以下の例文などは、より明確で想像しやすいかもしれません。

I have as much money as you.
(私はあなたと同じぐらいお金を持っている)

この場合は二人の所持金が同じぐらいであって、別に2人が世間的にお金持ちであるとは言っていません。

あくまで比較する2つの範囲内で同じぐらいだとしか言っていない表現になります。世間がどうかなどは基本的には関係がなく、あなたと私の所持金が同じといっているにすぎません。

ならばas short asも同じなのか?

上の理屈が成立するならば、以下の意味は同じになるはずです。

①Tom is as tall as Jayne.
②Tom is as short as Jayne.

トムとジェインは同じ身長としかいっておらず、tallに背が高いという意味が含まれない上のFORESTの説明に従うならば、同じshortにも背が低いという意味が含まれないはずです。

同様のことは以下の例文にも当てはまります。

③Korea is as far as Kyushu.
④Korea is as near as Kyushu.

九州と韓国は同じぐらいの距離だ。というだけで、遠いとも近いともいっていません。

⑤I have as much money as you.
⑥I have as little money as you.

これも同様に所持金の話をしているだけなので、お金持ちか貧乏かは関係がありません。

本当にそうなるのか? は疑問が残ります。

ネイティブに確認してみました

カナダ人のスティーブの意見としては、理屈的には確かにそうだけど②は明らかに「ふたりとも背が低い」というのを匂わせているし、④は韓国も九州も「近い」と思っている感じがするそうです。

また所持金の話では上の⑥のような表現になると「ふたりとも同じぐらい金がないなぁ」という部分が出ているような気がするそうです。

ナチュラルに言葉を話した場合で、①③⑤が表現としても一般的でありふれたものです。

①Tom is as tall as Jayne.
③Korea is as far as Kyushu.
⑤I have as much money as you.

しかし、あえて普通でない表現をすると以下の形です。

②Tom is as short as Jayne.
④Korea is as near as Kyushu.
⑥I have as little money as you.

②④⑥のような見慣れない表現を使うならば、確かに理屈的にはわかるけど、明らかに感情や主観が入ってきている感じがするそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 英語の大文字と小文字の表記ルールと使い分け
  2. 飲み放題、おかわり無料を英語でどういうか?
  3. 本当は好きじゃなかった(笑)を英訳
  4. 花粉症・アレルギーを英語でいうには?
  5. 日本人は本当に「無神論者で無宗教」なのか?

関連記事

  1. across(アクロス)

    英単語の意味と使い方

    acrossの意味と使い方(例文付き)

    前置詞(副詞)の「across」の使い方をまとめてみました。基本的には…

  2. コンベンション

    和製英語とカタカナ英語

    convention(コンベンション)の意味と使い方

    convention(コンベンション)などカタカナでも微妙に耳にする単…

  3. ハートブレイク

    日本語から英語へ

    失恋を意味するheartbreak / broken heartの使い方

    歌の歌詞などによく登場するbroken heart(ブロークンハート)…

  4. want

    英単語の意味と使い方

    wantとdesireの違いについて

    desireとwantはどちらも「~が欲しい」といった意味で使うことが…

  5. via

    英単語の意味と使い方

    viaの意味と使い方、by, throughとの違い

    viaは「~を経由して、~を通って、~を用いて」を意味する前置詞でラテ…

  6. workout

    イディオム・熟語・慣用句

    work outの意味と使い方

    work + outはシンプルな言葉の組み合わせなので非常に意味も幅広…




おすすめ記事

  1. ファックについて
  2. 支持する
  3. タクシー
  4. adjective(形容詞)
  5. お客さん
  6. センテンススプリング
  7. カタカナ都市名
  8. manager
  9. 英語の先生
  10. フリーティー

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. full-of
  2. look-to
  3. whereabouts
  4. launch
  5. given
  6. コンポーネント
  7. ブリックアンドモルタル
  8. risk
  9. run-ran
  10. 参加する
  1. goledn

    英単語の意味と使い方

    gold(ゴールド)とgolden(ゴールデン)の違い
  2. 閉店

    イディオム・熟語・慣用句

    close upとclose downの違い
  3. party

    和製英語とカタカナ英語

    party(政党・集団・勢力)の意味と使い方
  4. ロンドンの地下鉄

    イギリス

    あんたはイスラム教徒なんかじゃない、兄弟よ
  5. speak

    イディオム・熟語・慣用句

    speak up / out / oneselfなどspeakを使った表現
PAGE TOP