アピール

日本人が使うappeal(アピール)の意味が違う

カナダ人のスティーブと「appeal」について話していましたが、彼は日本人の使うカタカナの「アピール」が少し英語とは違っていると話していました。

名詞、動詞どちらでも使えますがカタカナのアピールは「魅力を人々に訴える」のような使い方がされます。

「もっと若い人にアピールしないといけない」「この製品を広くアピールする方法を考えよう」「あの子、すごくアピってる」みたいな使い方です。

英語にもこの感覚に似た使い方がないわけではありません。

Manga appeals to young people.
(漫画は若い人々に魅力がある)

People answered the police’s appeal for help.
(人々は警察の協力の求めにこたえた)

上の2つはわりとカタカナの「アピール」に近い意味で、英語としても決して文法上も間違ったものではありませんが、ネイティブスピーカーはあまりこの意味では使わないそうです。

日本人が使うカタカナのアピールは、英語ではマイナーな用法をメインに使っている点で、英語とずれてしまっているという指摘です。

では、英語ではどのように使うのかは以下のとおりです。

appeal(名詞)

名詞で使った場合は、スティーブの言葉をそのまま書くと「set of qualities that people like(人々が好きな品質のまとまり)」みたいな感じです。

人々が好きな「quality(クオリティ/品質)」としての意味が強いという話です。

Franck Muller watches have a lot of appeal.
(フランクミューラーの時計は多くのアピールがある)

You need a certain appeal to be a superstar.
(スーパースターになるためには確かなアピールがいる)

The appeal of living in Hollywood is the chance to meet famous people.
(ハリウッドに住むことのアピールは、有名人と出会う可能性があることだ)

このように名詞でappealを使うと、カタカナの「アピール」と使い方が明らかに異なっています。「この時計はアピールがある」のような使い方がされます。

品質があることは魅力につながっているので「魅力」と考えても大きな間違いはなさそうですが。

他にも以下のような日本語の感覚とは違った形で名詞の「アピール」が使われますが、セックスアピールなどはわりとカタカナの使い方に近いものです。

That movie has a lot of appeal in China.
この映画は中国で多くのアピールがある。

She likes actors with sex appeal.
彼女はセックス・アピールがある俳優が好きだ。

ニュースでは世界的に有名な高級腕時計フランク・ミューラーのパロディである「フランク三浦」との裁判が行われた時に登場しました。

Franck Muller said that it has extremely similar wording and claimed Frank Miura’s purpose was to ride the coattails of their reputation and appeal.
(フランク・ミューラー側は「語感が極めて似ている」「信用や顧客吸引力への『ただ乗り』目的だ」と主張していた。)

日本語で解釈するとフランク・ミューラー側は「フランク三浦の目的は、フランクミューラーの評判(reputation)と製品の魅力(appeal)から来る威光・権威(coattails)に乗ることだ」といっています。

日本語の使い方も必ずしも間違いではありませんが、ネイティブがほとんど使わない用法をメインに使ってしまっている点で、表現の自然に欠けて「ん?」とひっかかってしまうような感じでもあるそうです。

appeal(動詞)

こちらも彼の言葉を借りると「request something strongly(誰かに強く要求する)」ことです。

I appealed to my boss for a raise.
(私は上司に昇給を強く求めた)

Police are appealing for help to catch the killer.
(警察は殺人者逮捕の協力を強く求めている)

カタカナで「アピールする」は商品の宣伝、告知のようなニュアンスが色濃いですが、英語では宣伝ではなく明確に強く要求している点で異なります。

わりと動詞でもカタカナに近い使い方もできないわけではありませんが、やっぱり微妙に感覚が違います。魅力をうったえかけるといった意味で以下のような用法があります。

Soft music appeals to older people.
ソフトな音楽はお年寄りの人々にアピールする。

Choose whatever dish appeals to you.
あなたにアピールする料理をなんでも選んでください。

正式に要請する

動詞ではまれに「懇願する、強く要求する」と「正式にお願いする、要請する」いった意味でももちられます。日常生活ではあまり使われないタイプの表現です。

とてもフォーマルな表現またはとても強いお願いでもあり、ビジネス、公式の場で頼むときによく使われます。

We appealed to the government to not build a road in front of our homes.
= We formally asked the government to not build a road in front of our homes.
私たちは正式に政府に対して家の前に道路を建設しないようにお願いした。

I appealed to my mother to let me go to the concert.
= I begged my mother to let me go to the concert.
私は母親にコンサートに行かせてくれるようにお願いした。

「公式・正式にお願いする」または「強くお願いする」の2つの解釈が成立します。

下は冬季アジア大会の運営委員会がアパホテルに対して、扇動的な書籍を取り除くことを望んだときの表現ですが、2つの解釈が成り立ちます。

文脈としては委員会がアパホテルに対して、委員会の立場も理解してサポートしてほしいといったことをお願いしています。

The Games’ organizing committee have appealed to the hotel to support our position.
=①The Games’ organizing committee have begged to the hotel to support our position.
=②The Games’ organizing committee have formally asked the hotel to support our position.

したがって日常のちょっとした頼み事などに使うには文脈にそぐわないケースが多いです。

△のような表現が本当に文脈に合うならば使ってもいいと思いますが、日常生活で想像できる範囲ならば普通にaskなどを使います。

△ I appealed to my client to have dinner with me.
〇I asked my client to have dinner with me.
(*お客さんに夕食に行くようにお願いした)

△ The staff appealed to me to buy their stuff.
〇The staff tried to get me to buy their stuff.
(*スタッフは私にモノを買うようにお願いした)

appeal(上告する・控訴する)

上にあげたのが日本語のアピールとの違いですが、ニュースなどで用いられるアピールには「裁判で、上位の裁判所に訴えること」を指す場合があります。

appealは裁判用語で「上訴(上告・控訴)する」です。

appeal the decisionの形でもよく用いられます。

They will appeal the decision at the Supreme Court.
(彼らは最高裁に上訴するだろう)

They will appeal to the Supreme Court.
(*上と同じ意味です)

日本は三審制なので地方裁判所の判決に不服だった場合は高等裁判所へ、高等裁判所で不服だった場合は最高裁判所へ新たな判決を求めることができます。

地方裁判所から高等裁判所へは「控訴(こうそ)」、高等裁判所から最高裁判所へは「上告(じょうこく)」と呼んでいます。2つ合わせて「上訴」です。

英語では特に使い分けがなく、appeal to the Supreme Courtのようにアピールする先を具体的に書きます。

Supreme Court(最高裁)やHigh Court(高等裁判所)が一般的な名前ですが、国によって名前が異なります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. カタカナビジネス用語は英語として本当に使えるのか?
  2. 新名称TSTiE Driverが金玉ドライバーを連想させる件
  3. ブログやツイッターのネット炎上は英語でどういうか?
  4. 英単語としてのhack(ハック)の正しい使い方
  5. 2016年、はてブで500を超えた英語学習の記事まとめ

関連記事

  1. contain

    英単語の使い方と単語比較

    例文で見るcontainとincludeの違い

    なかなか違いがわかりにくい言葉ですが共に「~を含んでいる」といった意味…

  2. queen

    英単語の使い方と単語比較

    her majesty, your excellencyなどの尊称について

    オランダ国王がお忍びで21年間も旅客機のパイロットをやっていたニュース…

  3. dozen

    英単語の使い方と単語比較

    dozen(ダース)という不思議な単位の使い方

    海外に出ると12個を1組とする「ダース」発音としては「ダズン」が当たり…

  4. pay / cost

    英単語の使い方と単語比較

    cost / pay / sell for / worthの違い

    支払う費用や料金などに関連する言葉ですが、似たような意味になってしまう…

  5. holiday

    イギリス英語とアメリカ米語

    day off / holiday / vacationの違い

    カタカナでもおなじみのホリディ(holiday)が具体的にどのような日…

  6. goledn

    英単語の使い方と単語比較

    gold(ゴールド)とgolden(ゴールデン)の違い

    英単語のgoldとgoldenの違いについてネイティブの意見と例文を交…

おすすめ記事

  1. カタカナ
  2. bread
  3. フリーティー
  4. hatena
  5. センテンススプリング
  6. 本当は好きじゃなかった
  7. ツイッター
  8. asas
  9. カタカナ都市名
  10. 炎上

重要英単語bot

重要英単語bot

最近の記事

  1. cat
  2. ジッパー
  3. ピリオド
  4. 呪い・カーズ
  5. コールド
  6. コンサーン
  7. 同情
  8. offとaway
  9. vet
  10. 逃げる
  1. 日本車

    日本文化

    フォーブスの「日本車の変な名前」の記事への意見
  2. worst-joke

    スラング

    2016年、最悪の英語ジョーク
  3. レトリック

    イディオム・熟語・慣用句

    レトリック(rhetoric)の意味を英語で考える
  4. free

    英単語の使い方と単語比較

    freeとfreelyの違い
  5. オッズ

    イディオム・熟語・慣用句

    オッズ(odds)の英語表現
PAGE TOP