セブンイレブン

911をセブンイレブンといってしまうトランプ氏に見るアメリカ英語の特徴

ニューヨークにおける大統領に向けた予備選挙の集会の中で、ドナルド・トランプ氏が911のワールドトレードセンターへのテロ攻撃を、うっかり「セブンイレブン」といってしまう出来事がありました。

一瞬ですが確かにセブンイレブンといっています。

文字の書き起こし

アプリ内で配信したニュースには該当部分が文字で書き起こされているので引用します。

During a rally in New York for the state’s primary election, front-runner Donald Trump raised eyebrows by accidentally referring to the September 11th or “9-11” terrorist attacks as the popular convenience store “7-11.”
(ニューヨークにおける州の予備選挙の集会の中で、トップを走るドナルド・トランプ氏は9月11日、911のテロ攻撃について触れた際に、うっかりと有名コンビニエンスストアの「セブンイレブン」といってしまい人々をびっくりさせた)

He said, “It’s very close to my heart because I was down there, and I watched our police and our firemen down at 7/11, down at the World Trade Center right after it came down.”
(彼は「それは私の心にも身近なものだった。なぜなら私はそこにいたし、私は警察官や消防士がセブンイレブンにいるのを見ていた。私は崩れ落ちた直後にワールドトレードセンターにいた」と言った)

上にトランプ氏の演説を書き起こしていますが「down」がやたら使われているのが、アメリカ英語の特徴です。

down at = at

トランプ氏のセリフの中で何度か「down」が登場しますが、これはアメリカ英語、アメリカ人の会話表現で特に見られる傾向で、downがなくても意味は同じです。

I’m down at the mall with my friend.
(私は友達とショッピングモールにいる)

Whenever I’m down at the convenience store I buy a lottery ticket.
(コンビニにいる時はいつも宝くじを買う)

I was down at my friend’s house when it started to rain.
(雨が降り始めた時、私は友達の家にいた)

最初の部分「I was down there」もthereやhereの前に前置詞のatはついていませんが、使い方としては同じです。

あってもなくても一緒の「down」です。

I was there.
= I was down there.

セリフの最後のit came downだけは、come downで「破壊される、倒壊する」の意味なので使い方が違います。

ドナルド・トランプの英語の特徴

カナダ人のスティーブは動画について、ドナルド・トランプは自然体で話していると言っていました。

決して良い意味ではなく「いきあたりばったり」な感じが出ているそうです。

普通、政治家の演説はスピーチ・ライターのような人が言葉を選んで原稿を書きますが、トランプ氏はおそらくそれをやっていないように見えます。

だから口語表現のカジュアルなdownが頻発するし、演説を文字に起こした時にちゃんとしたセンテンス、文章になっていないので、コンマが多く入ることになります。

原稿を用意していないのでセブンイレブンのような言い間違いや、失言も多くなってしまいます。

スティーブにドナルド・トランプの話し方そのものについて見解を聞かせてもらうと、頻繁に単語、単語でしゃべる、しかも主語が抜けるので、シンプルな反面、曖昧で解釈の幅が広くとれるそうです。

また彼の話し方の特徴として最後を単語で終わらせるブロークンなスタイルが目立つそうです。

「なんとかなんとかなんとか、Sad!」や「なんとかなんとかなんとか、Great!」など単語をボンと置いて終わらせます。

また「ミスターアベ!ナイスガイ!グレート!サンキュー」など、これに近い、センテンスになっていない話し方をけっこうするそうです。

今となってはそれも魅力につながっているのかもしれません。

トランプ氏はニュースの中で例文を作る時にわかりやすいキャラのため登場頻度が高くなっています。悪気はないし政治的に支持も不支持もありませんが、そんなトランプ氏が登場してしまった例文をまとめています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. sentence spring(センテンス・スプリング)は英語としてどうか?
  2. 形容詞(adjective)の順序とネイティブの感覚
  3. 英会話スクールの講師になる方法
  4. ラピュタは売春婦!? ジブリ作品の英訳に学ぶ
  5. 日本人は本当に「無神論者で無宗教」なのか?

関連記事

  1. among/amongst

    英単語の使い方と単語比較

    amongとamongst、amidとamidstの違い

    タイトルに使われている4つの言葉はほぼ同じ意味で「~に囲まれた、~の間…

  2. レトリックとは

    イディオム・熟語・慣用句

    レトリック(rhetoric)の意味を英語で考える

    カタカナでは「レトリック(rhetoric)」と表記され、考え方として…

  3. 西暦

    英文法とライティング

    英語で西暦(年代)の読み方

    西暦の読み方・発音については習慣的なルールがありますが、人によって読み…

  4. middle finger

    スラング

    中指を立てる動作(ミドルフィンガー)について

    映画やアニメなどでおなじみの中指を突き立てるポーズは「the midd…

  5. gaming

    英単語の使い方と単語比較

    最近はgaming(ゲーミング)の意味が変化している

    日本では「テレビゲーム」と呼びますが、これは和製英語ぎみの使い方で英語…

  6. パンデミック

    英単語の使い方と単語比較

    pandemic, epidemic, endemicの違い

    感染症やウイルスなど地域などに広がる病気の度合いを表現する英単語はいく…

おすすめ記事

  1. パン
  2. フリーティー
  3. はてぶ
  4. センテンススプリング
  5. 失恋
  6. ツイッター
  7. asas
  8. 都市名
  9. 炎上
  10. 外国人

最近の記事

  1. ヌード
  2. オランダ
  3. 三角形
  4. ターン
  5. 予備選挙
  6. upset
  7. 勝敗の英語
  8. 選挙用語
  9. underneath
  10. トラフィッキング
  1. first(ファースト)

    イディオム・熟語・慣用句

    at firstとfirstの使い方を混同している人が多い
  2. ピエロ

    世界とアジア

    ピエロ(pierrot)が英語圏で通じない
  3. 雨傘の革命

    世界とアジア

    香港の雨傘運動(雨傘の革命)の現場を見てきた
  4. ロマンス

    和製英語

    英語のロマンティックとは何か?
  5. オルタナティブ

    英単語の使い方と単語比較

    オルタナティブ(alternative)の意味は?
PAGE TOP